ジムカーナの競技特性

【競技特性】
会場となる場所は、サーキットコースにパイロンを置いてスラローム競技用のコースとする場合や、ショートサーキットやカートコースをほぼそのままで使う場合、ジムカーナ専用コースを使う場合、スキー場の駐車場などにパイロンでコースを設定する特設(非常設)会場などさまざまです((;゚Д゚)
上位イベントのシリーズでは複数の会場を転戦することになり、ジムカーナ競技者にはさまざまなコースの特性に合わせた運転技術と車両セッティングが要求されますヽ(´ー`)ノ
いずれの会場においても、サイドターンなどで小回りな旋回を求められる低速セクション・中速でのコーナリングや切り返し・高速からのハードブレーキング、そしてそれらを滑らかにつないでタイムロスを防ぐ走行ラインの取り方など、ひとつのコースであらゆる走行技術や戦略を必要とするレイアウトが設定されます(;゚∀゚)
簡単に参加できるジムカーナですが、レースで上位に行くには結構な技術と頭が必要なんですね(;´∀`)
そりゃこんなレースに出てれば車やバイクのテクニックは上がりますよね☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。